実績のある住宅診断師に依頼しよう|平穏な暮らしを守る術

財産を守ってもらう

室内

空き家が増え続ける中で、管理業務を提供する業者も増加しています。業務内容もピンキリで、目視を主とした見回り管理、室内清掃から季節の草刈りといったしっかりした管理などがあり希望に沿った形で選べるようです。

More...

新築一戸建ての購入法

模型を持つ人

リーズナブルな価格帯の物件が多いために、越谷市でマイホームを探している人は、新築一戸建ての購入にも意欲的です。地域密着型の不動産会社であれば、カスタマイズ可能な物件を販売することも可能であり、価格交渉にも柔軟に対応してくれるでしょう。

More...

不動産会社を利用する

玩具の家

不動産を購入するときには、これから人気が高まりそうなエリアを選ぶとよいでしょう。たとえば、枚方であれば将来のライフスタイルの変化にも対応できます。環境が充実していますので、これから価値が上がっていく可能性もあります。

More...

安心して依頼するには

男女

診断士の質をチェック

近年、新築一戸建てや中古一戸建て、そして中古マンションを購入する際、「住宅診断」を受ける方が増えてきています。住宅診断はプロの診断士が、家やマンションの状態を、事細かくチェックしてくれるサービスです。土台や基礎、設備などの状態や劣化具合、欠陥住宅でないかなどを診断士が確認します。利害関係の無い第三者による診断となるので、信頼できる点が住宅診断の魅力です。ただ、住宅診断自体がまだまだ国内で浸透していない事もあり、「どの会社に依頼すれば良いのか分からない」と、感じる方もいるでしょう。診断士の選び方として、どのような工法の物件を主に担当してきたのか、質問してみる事をおすすめします。家作りの工法は様々です。木材を使う日本で昔から用いられている在来工法の他にも、ツーバイフォー工法もあります。また、最近は一般住宅でも鉄筋コンクリート造が増えてきました。在来工法から鉄筋コンクリート工法まで、様々な工法1つ1つに精通している診断士は少ないようです。ですので、診断士を選ぶ時は診断して欲しい物件の工法に、精通しているかどうかを質問する事で、質をチェック出来ます。この他に専門用語を多用しないという、診断士を選ぶ事もおすすめです。例えば、問題箇所があった場合、難しい専門用語ばかりを使い説明されても、依頼した側には理解が出来ません。分かりやすく説明してくれる診断士であれば、相談もしやすく、また信頼できると言えます。